北アルプスの最北端の山「朝日岳」 
朝日岳を越えた先にある朝日平はずっと泊まってみたかった憧れのテン場です☆

日本海に沈む夕日を眺め、高山植物が咲き誇るお花畑の稜線を歩き、間近に見えるのは大迫力の白馬岳
そして美味しいと評判の手作り小屋ごはんを食べるために「朝日小屋」へ行ってきました。

晴れたり曇ったり雨に降られたりとめまぐるし変わる天候の中でしたが、所々でステキな景色を見せてくれます♪

スポンサーリンク

朝日小屋までのコースは…。
北又~、白馬岳~、蓮華温泉~、栂海新道・親不知~とありますが、どのルートもとても長い行程です。
今回、朝日平のテン場でゆっくり2泊したかったので蓮華温泉からのコースを選びました。
テン泊装備で登る初めてのCT8時間超えのロングコースです。 

朝日小屋

青空を見せてくれた瞬間の朝日小屋

朝日岳山頂

朝日岳山頂からの景色。雲に覆われてしまう直前の貴重な1枚

水平道分岐

開通したばかりの水平道。整備してくれたスタッフの人たちに感謝です

水平道から白馬岳

雲が流れやっと白馬岳が見えた瞬間☆

朝日岳の花

朝日岳の高山植物たち☆

このコースのオススメPoint

一番のオススメは「朝日小屋の夕食」です。 いままで小屋で食べたご飯の中でダントツで1番美味しかったです。
テント泊の人も絶対食べたほうが良いと断言できます(笑)

地元で採れた食材を使った手作りの料理は温かくてどれも絶妙な味付け
品数も多くてボリュームたっぷり☆
食前酒で赤ワインも付いちゃうし、お酒に合うメニューなのでお酒好きの人も大満足だと思います。

朝日小屋の夕食

朝日小屋の夕食のメニュー。「おでん」と「鶏の甘酢あんかけ」は温かいし、食前酒もデザートも付いて2200円!!

夕食後まったり寛いでいると雲の合間から、何とも言い表せない鮮やかな色の夕焼けを眺めることができます!
山の上から見る日本海に沈む夕陽は心を奪われるほどの感動モノです♫

朝日小屋からの夕焼け

日本海に沈む夕日。これが見たかった♪〈2日目〉

朝日平からの夕日

テン場から日本海に沈む夕日〈1日目〉

朝日岳山頂からは白馬三山・雪倉岳などの山々が見渡せ、小屋でおいしいご飯を楽しみ、広々とした平坦なテント場で贅沢な時間を過ごすことができるオススメのテント泊コースです♪

注意するPoint

「蓮華温泉」からのコースは歩き出しから一気に高度を300m下げて、そこからが登り始めとなります。
瀬戸川、白高地沢を過ぎてカモシカ坂に入ると長い急登が続きます。

カモシカ坂は木道が多いので登りやすいですが、遮るものがないので日が昇る前のなるべく早い時間に通過しないと直射日光によって体力をかなり消耗することになるでしょう。 そこから先も細いザレた尾根泥道など滑りやすい場所もあるので注意が必要です。

●雪渓情報(2017.8.5時点)

「吹上のコル」分岐の手前に長い雪渓あり。
ステップが切ってあるのでアイゼン無しで通過する人が多いようです。雪の固い早朝に通過する場合は滑らないように注意が必要です。
雪渓歩きに慣れてない人は軽アイゼンを使った方が良いと思います。

「朝日岳」を超えて「朝日小屋」に向かう途中にも短い雪渓あり。

朝日岳雪渓

吹上のコル手前の雪渓

朝日岳雪渓

2つめの短い雪渓

●水場情報(2017.8.5時点)

「花園三角点」を越えてすぐに壊れたベンチの隣に最初の水場あり。
さらに「1つ目の水場」と「吹上のコル」の間にもう1つの水場があります。
こちらには座れるベンチが2つありました。
どちらも冷たくて美味しくいただきました。

さらに水平道にも沢の水が飲める場所あり。

朝日岳水場

最初の水場。登山道から少し離れたところにテープの目印あり

朝日岳水場

2つめの水場。座れるベンチあり

登山コース

1st DAY 標準タイム8時間20分
蓮華温泉 2時間40分 白高地沢 2時間 花園三角点 2時間 吹上のコル 1時間 朝日岳 40分 朝日小屋〈テント泊〉   

2nd DAY
朝日小屋水平道分岐周辺散歩〈テント泊〉
※雪倉岳までピストンする予定でしたが曇っていたので予定変更

3rd DAY 標準タイム7時間25分
朝日小屋 1時間 朝日岳 50分 吹上のコル 1時間30分 花園三角点 1時間30分 白高地沢 2時間35分 蓮華温泉  
 

朝日岳コースmap→クリックして見てね♪

朝日岳コースmap→クリックして見てね♪

山と高原地図 白馬岳 2017 (登山地図 | マップル)

アクセス (東京から) 

[マイカーの場合] 
○東京〜関越・上信越道〜長野IC〜R19,オリンピック道路,R148 (72km) 平岩駅 (22km) 蓮華温泉
○東京〜中央道〜安曇野IC〜R147,R148 (75km) 平岩駅 (22km) 蓮華温泉 

[電車の場合] 
○新宿(中央本線)南小谷(大糸線)平岩駅
○東京(北陸新幹線)糸魚川(大糸線)平岩駅
平岩駅・糸魚川駅からバスが運行 ※1日4往復運転(運行期間は7月中旬~10月中旬) 

登山口

[蓮華温泉]
白馬岳蓮華温泉ロッジ手前に70台収容する無料駐車場あり
シーズン中は温泉目当ての観光客や、白馬岳方面へ向かう登山客も多いので平日でも駐車場は混んでるようです。
○平岩駅からバスで22km(1210円)
○糸魚川駅からバスで42km(1790円)

[蓮華温泉キャンプ場]
トイレ・炊事場あり
大人 500円 子供 200円

蓮華温泉キャンプ場

テント場情報

[朝日平キャンプ場]
1泊 1000円
○敷地内に水場あり
○敷地内に屋外トイレあり(男女別和式2室、紙なし) 

朝日平テント場

小屋情報

[朝日小屋]
1泊2食 9500円
素泊まり 6700円
夕食のみ 2200円(事前に予約しました)
朝食のみ 1200円
笹寿司(ます、くるみ) 250円
朝日岳バッジ 600円
雪倉岳バッジ 600円
缶ビール 350ml/600円 500ml/800円 

朝日小屋

平日なのに人が沢山いました

下山後の温泉

[蓮華温泉ロッジ]
日帰り入浴  大人800円(野天風呂のみは500円)
※内風呂にドライヤーなし、シャンプー&ボディーソープ完備
※17時まで(受付は16時半まで )

○源泉の違う4つの野天風呂と内湯があります
○野天風呂は混浴、脱衣所なし、内湯は男女別。
○缶ビール 450円
蓮華温泉ロッジバッジ 600円 

蓮華温泉ロッジ

 

下山後のごはん

せっかく日本海の近くまで来たので、糸魚川方面に1時間半ほど走ってインター近くの回転寿司へ

[氷見きときと寿司 糸魚川店]
○住所/〒941-0064 新潟県糸魚川市上刈3-14-14
○電話番号/0255-53-1351
○営業時間/11:00~21:00

きときと寿司

最後までお読みいただきありがとうございます♪  
「北アルプス最北端の山、朝日岳」の記事をお届けしました。  
   
この記事に興味を持っていただけたら、また読みにきてもらえると嬉しいです。  
よければフォローもぜひお願いします!


スポンサーリンク