山登りの記念にもモチベーションにもなる「登山バッジ」
 
購入場所、購入可能時期、価格など、可能な限りの情報と一緒に…。
エリアごとに分けてご紹介します♪
 

スポンサーリンク

 

八ケ岳周辺の中央アルプス編です。

中央アルプスの登山レポートはこちらです↓

2014年9月に発生した噴火のため剣ケ峰付近は入山規制されている「御嶽山」。 剣ケ峰の次に高い摩利支天(まりしてん)山に登りに行ってきました。 御嶽山には田の原からの「王滝口」、御岳ロープウェイのある中の湯からの「黒沢口」、濁河温泉からの「小坂口」、明神温泉からの「開田口」、チャオ御岳スキー場からの「日和田口」 と5つの登山口あります。今回は日帰りだったので飛騨小坂登山口の濁河(にごりごう)温泉からのコースを選びました。  コマクサ 残念ながらガスの中の「五の池小屋」 ぱんだ屋の薪ストーブ。これでケーキ...
 
12月。本格的な冬山シーズンに突入しました。心待ちにしていたシーズンです。真っ青な空に、真っ白な雪のコントラスト。空気の澄んだ冬だからこそ見れる景色。 夏とは全く違う雪化粧をした山々。雪で段差がなくなり歩きやすくなる登山道。 冬山というと、滑落や雪崩やホワイトアウトなど怖いイメージが先行しがちですが…。冬じゃないと味わえない感動もたくさんあります☆ きちんとした装備と知識、準備をした上で、たくさんの人にこの感動を味わって欲しいと思っています!今シーズン最初の雪山は木曽駒ヶ岳&伊那前岳に登ってきま...
 
冬の八ヶ岳はアクセスしやすく、通年営業の小屋も多い。そして比較的天候も安定しているのが人気の理由だと思います。また様々なコースがあるので夏山同様に冬も初心者から中級者まで雪山登山を楽しめます。初心者はまず北横岳もしくは高見石&白駒池周辺でスノーハイク。 次に登るべきは蓼科山や縞枯山 さらにステップアップで登るのが天狗岳や硫黄岳 最終目標が八ヶ岳の最高峰赤岳と八ヶ岳だけで雪山ステップアップが体験できると思います!そんな八ヶ岳の雪山中級コース「天狗岳」にクリスマス前に登ってきました☆  今...
 
噴火から4年経ち、規制解除された「御嶽山・剣ヶ峰」を歩いてきました。剣ヶ峰に入れるのは2018年9月26日から10月8日までの13日間だけの期間限定。登山を続けていく以上、噴火の危険性がゼロではない活火山に登ることはわりと多く、この機会に活火山の現実をちゃんと見ておこうと思いました。規制解除から3日目、大型の台風がやってくる嵐の前の貴重な快晴予報。平日にも関わらず登山客の多さに驚かされました。規制解除を待ちわびていた登山者が多いことを実感。   信仰の山として人々に愛され続けてきた御嶽山の美しい自然...
 
今シーズン初の本格的な雪山登山です。 八ヶ岳ブルーに出迎えられ、なんと氷点下13度の世界の中でのテント泊体験。ちょうど寒気が接近との予報。かなり寒いのは覚悟して挑むことになりました。今回の1番の目的は公共交通機関を駆使して登山口に向かい、厳冬期の雪山テント泊を体感する。そして装備の重さに身体を慣らすこと。ピークを踏まなくてもいいんです(笑)雪山テント泊の重〜い装備を背負うのは2シーズンぶり。さらに厳冬期のテント泊は4年振り(笑)。同じくここ黒百合ヒュッテでした。 4年前と比べると積雪量が圧倒的に少ないと...
 

2019年の締めくくりは美ヶ原でゆる〜くスノートレッキングを楽しんできました。今シーズンのために購入して温めておいた(?)スノーシュー「MSR ライトニングアッセント」のデビュー戦です。 サクッ、サクッと雪を踏む心地よい音。まだ誰も歩いていない真っ白な雪原に自分の足跡を残す感覚。純粋に雪の感触を楽しむことができて、雪山登山を始めたばかりの時の気持ちを思い出しました。 スノーシューは「わかん」よりも浮力があって、想像していたよりも軽くて歩きやすい☆ もっと早く試しておけば良かったと実感。これから冬の良き相...

バッジの保管方法について

集めたバッジはこんな風に額に入れて飾ってみてはいかがしょう?

山バッジ飾り方


スポンサーリンク