山登りの記念にもモチベーションにもなる「登山バッジ」
 
購入場所、購入可能時期、価格など、可能な限りの情報と一緒に…。
エリアごとに分けてご紹介します♪

ついに大遠征、北海道まで行ってきました☆ 

本州の山とは違う大自然の魅力たっぷり…北海道 編です。 

北海道の登山レポートはこちらです↓

火山帯ならではのダイナミックな山容と変化に富んだ山歩き☆北海道山旅③【十勝岳&...
初めての北海道登山。あまりにも壮大すぎる大地。スケール大きいその絶景に圧倒されっぱなしの4日間でした。ホント夢のような山旅☆ 今回登ろうと計画したのは、大雪山、十勝岳、トムラウシ山、後方羊蹄山の4座。 すべて日帰りの予定でしたが、雪渓が綺麗に見える最高のロケーション&トイレと水場がある黒岳石室に1泊テント泊に直前変更。 天候次第で順番を決めようと思っていましたが、登山初日の天気は曇り予報だったのでメインの大雪山を晴れ予報の次の日にして、まずは十勝岳へ。   というわけで、北海道最初の登山は十勝岳か...
  
黒岳石室テント泊でお鉢巡り☆雪渓とお花畑と大噴火口を眺める北海道山旅④【大雪山】
北海道登山の2座目は日本百名山に選定されている大雪山。 大雪山とは北海道の中央に位置する巨大な山塊の名称。主な山は最高峰の旭岳(2,290m)をはじめとして、北鎮岳、白雲岳、愛別岳、北海岳、黒岳、赤岳、緑岳など2000m級の峰々が連なってできています。 こんなにたくさんの山や、様々なコースがあるのでルートは本当に迷いましたが…。黒岳から豊かに残る雪渓と、大迫力の御鉢平を見てみたかったので、ロープウェイを使って黒岳に登り御鉢平を巡るコースを選択。さらに、黒岳石室にはトイレも水場もあるので北海道での初めてのテン...
  
いまだ手つかずの美しい大自然そして高山植物の宝庫☆北海道山旅⑤【トムラウシ山】
2018年夏の遠征登山、最後を飾るのは北海道の真ん中にそびえ立つトムラウシ山。 十勝岳と大雪山の魅力に圧倒されて満足していたので、そこまで期待せずに挑んだ山行。いまひとつ期待できなかった理由…7月上旬の情報ではコース上の残雪量も多く、雨の日が続いていた為に泥道で歩きにくいとのこと。またトムラウシ山と言えば、夏山史上最悪と言われる、2009年7月に起きた8名の犠牲者を出した『北海道・トムラウシ山遭難事故』を思い出します。少し怖いイメージが定着してしまっていたのですが…。 山頂周辺は神々の庭とも呼ばれ、色鮮やか...
  

北海道山旅①〜立ち昇る噴煙、火山ガス、見事な2つの湖に火口湖など…活火山をリアル...
今年も行ってきました☆ 2019年夏の北海道山シリーズです。前回(2018年)は天気に恵まれて山も観光も完璧でした。今回はずっと晴天とはいきませんでしたが、素晴らしい景色を満喫し、ハプニングもありの印象深いエピソードがたくさん。 7泊8日でなんと走行移動距離1500㎞越えました(笑)。間違いなく今までで1番の長距離ドライブです。新千歳からスタートして道東を巡り、オホーツク海の海沿いを走って最北のを目指し、日本海の海沿いを辿って千歳に戻る「北海道ぐるっと半周ドライブ」の旅。 前半の4日間で雌阿寒岳、斜里岳、羅臼岳を...

北海道山旅②〜沢登り体験ができるデンジャラスでアスレチックな道東の百名山【斜里...
2日目は清岳荘に車中泊して斜里岳へ。 徒渉が多い山という情報。濡れても乾きやすいトレランシューズで挑んできました。 事前情報から予想してた以上の徒渉の回数。 「えっここ渡るの?」とピンクリボンを疑い、何度も2度見しました(笑) 岩をよじ登ったり、沢に落ちないように壁伝いに進んだりと、全身を使って遊ぶ「フィールド・アスレチック」のようでした。そのうち登山道の幅すべて水が流れて川になっている状態を登っていくことになったりと…。 とてもスリル満点でアスレチック的な山です。沢登りが終わって安心したと思ったら、...

北海道山旅③〜ヒグマの存在に怯えながら登った自然豊かな【羅臼岳】山頂でドラマチ...
道東の百名山、3座目は「羅臼岳」です。 世界遺産に登録されている知床のシンボル的な存在です。 道東の3座の中でも1番コースタイムが長い山。そしてヒグマの出没率が高いことでも有名。前日に熊スプレーをレンタルし、レクチャーを受けて万全の準備をして挑んできました(笑) 予報は1日曇り。少しでも展望が望めれば良しと思って期待して登り始めたのですが…。スタート時からすでに霧雨状態…。その後も降ったり止んだりして景色を楽しむこともできず…。修行のような気持ちで何とか登頂。 すると山頂でいきなり晴れるという奇跡。青空が...

北海道山旅④〜ヒグマもキツネもいない☆海に浮かぶ美しい姿の日本最北の百名山【利...
北海道山旅、ラストは飾るのは「利尻山」です。 実は今回の山旅で「利尻島」と「礼文島」は1番楽しみにしていたので、ここで晴れるように日程を調整したんです。島の山を登るのも初めてですが、そもそも島旅をするのが人生で初の経験なんです。 そういうわけで、道東3座を4日かけて登頂し、5日目は稚内まで移動。6日目に朝から礼文島に入り半日観光。夕方から利尻島に入って野営場でテント泊。次の日に利尻山に登ってきました♪ 晴れ予報のはずが標高を上げていくと徐々に霧に覆われてしまい…。ガスガスの中の登山になってしまいました...

バッジの保管方法について

集めたバッジはこんな風に額に入れて飾ってみてはいかがしょう?

山バッジ飾り方

created by Rinker
アートプリントジャパン
¥3,135 (2024/05/29 08:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

こんな商品も出ています↓


ピンバッジ用 B4サイズ レイヤーボックスフレーム ガラス付 (オーク×レッド)
額縁のタカハシ

 

スポンサーリンク