ニーモタニLS-2Pを購入して約2ヶ月。
このテント購入に至った経緯〜使用感〜破損した状況〜修理についてレポートしてみます。

スポンサーリンク

テントが壊れた場合、自分の判断ミスを披露することになるのであまり人に話したくないみたいですが…。同じように破損させてしまい困っている人もいるかもしれないので、そんな人たちの少しでも参考になればと思います。

実際、私もネットで同じような人がいないか探しまくりました。 また、テント泊初心者の方にこんな状況もあり得ると知ってもらえたら嬉しいです♪ 

唐松頂上山荘にて

唐松頂上山荘テント場にて〜これが最後の姿です


このテントを選んだ理由 

以前はモンベル ステラリッジ2型を使用してました。

モンベルステラリッジ

モンベルステラリッジ(薬師峠キャンプ場にて2016年夏)

4年前のモデルなのでポールと本体を留める部分がとても堅くて握力がない私は毎回設営に苦労してました。(現モデルは設営しやすく改良されています) 

※モンベル ステラリッジ2型の詳細はこちらで確認できます↓

 

今回探したのは設営しやすい吊り下げ式。なるべく軽量のものを探して2種類に絞りました。 

最後まで悩んだのはMSRのハバNX
最少重量はNEMOは1230g、MSRは1120g。 

※MSR ハバNX(1人用)の詳細はこちらで確認できます↓

前室がMSRのほうが広そうなので迷ったのですが、収納サイズの大きさでNEMOに決めました。
MSRは縦に長く、NEMOは正方形に近い形でパッキングしやすそうなところが決め手になりました。

ニーモタニ

ニーモタニの収納時はこんな感じ。パッキングしやすい形です

使ってみた感想 

他のテントと比べてみると特に室内の高さが高いと感じました。 本体と別売りのフットプリントを接続したまま収納できるので設営が簡単でとても早いです! 

また吊り下げ式の利点として、本体とフライシートがくっついていないので本体の結露がほとんどないことにも驚きでした。 

軽量で居住性も高く、設営しやすい♪
毎回満足の使い心地で良いテントだと思います。 

ニーモタニ設営1

フットプリントと本体が接続したままなので広げたらすぐにポールを差し込めます♪

ニーモタニ設営2

ポールに本体を吊り下げるとこんな感じ。この作業は30秒ほどしかかかりません

ニーモタニ設営3

フライシートをかけてペグを打てば完了

ポール破損に至った経緯

唐松岳頂上山荘にテントを張っていた日の出来事です。

八方池

八方池ではこんなにいい天気だったのですが…

唐松岳の風景

紅葉もこんなに綺麗でした♪

夕方から雲行きが怪しくなり、雨が降り始め次第に風も強くなっていきました。
夜20時を回ったころ…。瞬間的に吹いた突風にテントが煽られ、ポールが1カ所折れてしまい、折れたポールが刺さってフライシートも大きく破れ穴があいてしまいました。 

破損状況は、ポールの1カ所が折れ、となりの段が大きく曲がり、フライシートは手のひらサイズの破れが1カ所、小さな穴が2カ所。それからフライシートの張り縄部分が1カ所切れて外れてしまいました。

折れたポールをテープでグルグル巻いて固定し、フライシートの穴をタオルではさんでなんとか応急処置しました。

折れたポール

折れたポール

破れたフライシート

大きく破れたフライシート

 

修理に出してから… 

少しでも安く済ませたくてネットショップで購入したので店舗は遠く九州。 
修理の依頼は購入店でと記載されてる情報が多くて悩んでいました。

以前ストックが壊れた際、購入したお店じゃなくても同じメーカーの取扱店ならば修理対応が可能だったので、ニーモタニを取り扱っているお店へ。事情を話すと快くメーカーさんとの対応を提案してくれました。 

[費 用]

◎ポール1部分交換 3,780円(税込)
◎フライシート補修の場合 19,440円(税込)
 フライシート新品購入の場合 約22,000円(ただし納期5ヶ月後の来年春) 

[期 間] 

修理見積り依頼〜見積もり連絡まで約1週間
ポールのみ修理依頼〜完了まで2日 

[店 舗] 

エルブレス新宿店キャンプ用品売り場
フライシートの補修の場合と、新品で購入した場合の金額差が約2,500円。 

本来はフライシートのみの販売はしてないのですが、まだ購入したばかりなので特別に単品購入も可能とのこと。
補修の場合は継ぎはぎになってしまうようなので、やはりこの差額なら新品購入にしたい!
でも現在、在庫切れで納期が5ヶ月後に…。

冬期はテント泊は少ないので、5ヶ月待つことに決めました。使う機会があればモンベルで代用することにします。 

まとめ 

今までにテントが揺れるくらいの風の経験しかなく、まさか自分のテントが壊れるとは思いもしなかったので本当に愕然としました。

そして真っ暗な暴風雨のなか撤収して小屋に避難することもできず、眠れない怖い一晩を過ごすことになってしまいました。

高価な買い物だったので簡単に買い直す訳にはいかないし、修理できるのか、できるとしたらどのくらいの費用がかかるのか…と散々悩みました。
約半年は使えませんが、これからのシーズンは使用頻度は少ないのでちょうど良かったです☆
すべて買い直しにはならず、無事に修理できたのでとりあえず安心です。 

ちょっとした補修に持っていると便利☆

今後は… 

風の影響を受けにくい場所を選んで設営する。 

特に稜線上のテン場では風予報を事前に調べておくか、小屋で天候を確認するように気をつけようと思いました。
そして危険を感じたら早めに小屋に避難、もしくは下山する判断も必要だと。登山歴が長くなっても過信せずに今後も安全登山を心がけていきたいと思います。 

※NEMO TANI LS 2Pの詳細はこちらで確認できます↓

余談ですが…

同じ日に同じテント場で盗難にあった人がいました。 ヘリノックスの超軽量モデル「Helinox キャンプチェア チェアゼロ」(510g)です。
ペットボトル1本分の重量で、座り心地も良くて今ハイカーさんの間で大人気のようです。
テント場での盗難については噂は聞いたことありましたが実際に知り合いが被害にあったのは初めてで驚きました。 

※テントを長い時間離れる際は、鍵をするのを忘れずに! 


スポンサーリンク